任天堂、「CEDEC 2017」にて初セッションを実施─『ゼルダの伝説 BotW』の特徴にそれぞれ迫るセッションを複数予定 | GameBusiness.jp

任天堂、「CEDEC 2017」にて初セッションを実施─『ゼルダの伝説 BotW』の特徴にそれぞれ迫るセッションを複数予定

その他 イベント

任天堂、「CEDEC 2017」にて初セッションを実施─『ゼルダの伝説 BotW』の特徴にそれぞれ迫るセッションを複数予定
任天堂、「CEDEC 2017」にて初セッションを実施─『ゼルダの伝説 BotW』の特徴にそれぞれ迫るセッションを複数予定 全 1 枚 拡大写真

コンピュータエンターテインメント開発やビジネス、または関連の技術、機器等に携わる方々を対象としたカンファレンス「CEDEC 2017」が、2017年8月30日から9月1日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されます。

1999年に記念すべき第1回が行われて以降、定期的に実施されているCEDECは、年々規模も拡大し、より多くの興味と関心を集める技術交流会へと成長しています。公式サイトでは、7月1日より受講申し込みを開始しており、「CEDEC 2017」当日に向けた動きが活性化しつつある現状です。

そんな「CEDEC 2017」にて、任天堂が『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』に関するセッションを複数予定していることが判明しました。任天堂はこれまで出展こそあれ、CEDECにてセッションを行うのは今回が初。多くのユーザーに衝撃を与えた『ゼルダの伝説 BotW』におけるフィールドレベルデザインや3Dグラフィック、サウンドにUIといった多岐に渡る内容を、現時点で個別に8セッション予定しています。

それぞれのセッションで内容や登壇者も変わるため、興味を惹かれた方は、公式サイトも合わせてチェックしてみてください。

■「CEDEC 2017」セッション一覧
URL:http://cedec.cesa.or.jp/2017/session/

Copyright (C) 2016 CESA All rights reserved.

《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

特集

この記事の写真

/

関連ニュース