エミュレータとアーケードゲームを無断複製したPCを販売、著作権侵害で逮捕 | GameBusiness.jp

エミュレータとアーケードゲームを無断複製したPCを販売、著作権侵害で逮捕

その他 事件

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は11月10日、山形県警生活環境課と寒河江署、上山署が11月9日、ゲームソフトウェアをPCに無断複製した上、インターネットオークションを利用して販売していた東京都羽村市の新聞配達業男性(44歳)を、著作権法違反(海賊版頒布)の疑いで逮捕したことを、著作権侵害事件として発表した。

男性は、2017年3月31日および5月10日、「大魔界村」(カプコン)、「アルゴスの戦士」(コーエーテクモホールディングス)、「SUPER HANG ON」(セガホールディングス)、「エレベーターアクション」(タイトー)などのゲームソフトウェアを内蔵ハードディスクに無断複製したPCを、山形県の購入客2名に対し、代金合計50,300円で販売していた。

山形県警の捜査員がサイバーパトロールで男性の出品を発見し、ACCSを通じて著作権者に連絡したことが端緒。男性は、出品画面で「アーケードゲームが8,000タイトル遊べる」などと説明し、インターネットオークションで販売していた。また、エミュレータ「MAME」とアーケードゲームを内蔵ハードディスクに複製し、落札購入者が入手次第すぐに遊技できる状態にしていたという。

「MAME」と「大魔界村」などのアーケードゲームを無断複製したPCを販売(ACCS)

《吉澤 亨史@ScanNetSecurity》

特集

関連ニュース