個人開発ゲーム『どうぶつタワーバトル』がSNSで話題沸騰、一時は『ポケ森』を超す勢いに | GameBusiness.jp

個人開発ゲーム『どうぶつタワーバトル』がSNSで話題沸騰、一時は『ポケ森』を超す勢いに

ゲーム開発 インディー

対戦型物理シュールパズル『どうぶつタワーバトル』が人気急上昇!一時は『ポケ森』を超す
対戦型物理シュールパズル『どうぶつタワーバトル』が人気急上昇!一時は『ポケ森』を超す 全 4 枚 拡大写真

今、対戦型パズルゲーム『どうぶつタワーバトル』がSNSを中心に話題になっています。

本作は、物理演算を駆使したiOS/Android向け対戦型パズルゲーム。プレイヤーは、対戦相手と交互に、ランダムで出現する動物をプラットフォーム上に積み上げていきます。自分のターンで動物をプラットフォームの外に落としてしまうと敗北します。

一見すると単純なゲームに思えますが、物理演算の要素が搭載されているおかげで、常にバランスを考えて動物を積み上げていく必要があるという奥深いゲーム性を備えています。特に、対戦プレイヤーとの駆け引きも本作の魅力のひとつで、あえてバランスを悪くしながら動物を積み上げていく事で相手のミスを誘う……というテクニックも駆使出来るのです。

そして最大の特徴は、ゲームスタートのボタンを押せば瞬きする間に完了してしまうマッチングの早さ。ゲームも1分前後で終了するので、ストレスなく楽しめます。


そんな奥深いゲーム性と気軽にプレイできる利点もあってか、現在、iOS/Androidの無料アプリダウンロードランキングにおいて上位にランクイン。App Storeのランキングにおいて、あの『どうぶつの森 ポケットキャンプ』を一時的に抜いてしまいます。

本作を手掛けたYuta Yabuzaki氏は、この状況について「わけがわからなくて言葉は出なかったけど涙は出ました…たくさんの方が遊んでくれて、広めてくださった結果なのでとても嬉しいです。本当にありがとうございます」とコメント。予想外の大ヒットに誰よりも驚いているのは同氏なのかもしれません。

なお、シングルプレイ専用の『どうぶつタワー(iOS/Android)』も配信中。『どうぶつタワーバトル』とは、物理演算の仕様と一部ゲームシステムが異なりますが、興味のある読者は、こちらもプレイしてみてはいかがでしょうか。



(C) Yuta Yabuzaki

対戦型物理シュールパズル『どうぶつタワーバトル』が人気急上昇!一時は『ポケ森』を超す

《真ゲマ@インサイド》

特集

この記事の写真

/

関連ニュース