MS-DOSの開発に携わった元MSエンジニアMark Zbikowski氏がValveに入社 | GameBusiness.jp

MS-DOSの開発に携わった元MSエンジニアMark Zbikowski氏がValveに入社

企業動向 人事

MS-DOSの開発に携わった元MSエンジニアMark Zbikowski氏がValveに入社
MS-DOSの開発に携わった元MSエンジニアMark Zbikowski氏がValveに入社 全 1 枚 拡大写真

『Half-Life』『Counter-Strike』『Dota2』『Team Fortress 2』など数々のヒット作を手がけ、近年はゲーム配信プラットフォームSteamの成長が目覚ましいValveですが、同社に元MicrosoftのMark Zbikowski氏が入社したことが明らかとなりました。

Mark Zbikowski氏はMicrosoftに25年以上勤めた経歴を持つ人物で、MS-DOS 2.0の開発においては階層構造ディレクトリやデバイスドライバの追加に貢献しました。2006年6月にMicrosoftを退職してからは、大学講師や技術アドバイザーに尽力。そして2017年12月にValveへ入社しました。

役職はソフトウェアエンジニア。詳細な仕事内容は不明ですが、LinkedInでは「ユーザーエクスペリエンスの向上に重点を置く、非常に明るく楽しいシニアエンジニアです」と自己紹介しています。Mark Zbikowski氏の今後の活躍に期待です。

《RIKUSYO@Game*Spark》

特集

この記事の写真

/

関連ニュース