新アニメは“e-Sports”―『パズドラ』6年目の展開が明かされた発表会レポ | GameBusiness.jp

新アニメは“e-Sports”―『パズドラ』6年目の展開が明かされた発表会レポ

文化 eSports

新アニメは“e-Sports”―『パズドラ』6年目の展開が明かされた発表会レポ
新アニメは“e-Sports”―『パズドラ』6年目の展開が明かされた発表会レポ 全 19 枚 拡大写真

2018年1月11日、『パズドラプロジェクト2018』メディア発表会が行われました。今回はe-Sportsを軸に、公式大会のレギューレーションやさまざまなメディア・商品展開が発表されました。


はじめに、ガンホー・オンライン・エンターテインメント代表取締役社長CEOの森下 一喜氏と、『パズドラ』シリーズ プロデューサーの山本大介氏が登壇しました。2018年2月20日に6周年を迎える『パズル&ドラゴンズ』について、あっという間の6年目だったという山本氏。さらに、ゲーム以外のコンテンツでも使用されるシリーズロゴが発表されました。


『パズル&ドラゴンズ』は、e-Sportsの認定タイトルとしての発表がされましたが、レギュレーションについて詳細が伝えられました。まず、誰でも参加が可能なプロ認定大会「パズドラチャレンジカップ」があり、上位入賞者はプロ認定資格が授与されます。次に、認定されたプロと一般プレイヤーが参加できる「オープンカップ」があり、プロライセンス認定を受けていると賞金の獲得が可能です。2019年には、認定プロたちによるパズドラ最高峰を目指す大会「パズドラチャンピオンズカップ」を予定しているとのことでした。


その先駆けとして、第1回「パズドラチャレンジカップ」が、2018年2月10日に開催される「闘会議2018」で行われます。ここで、Gzブレイン代表取締役社長にして「闘会議2018」のエグゼクティブ・プロデューサーである浜村弘一氏が登壇し、トークセッションが行われました。浜村氏は、「日本には日本なりのe-Sportsがあり、最初のプロ認定として格闘ゲームだけでなくモバイルが入っているのは意義深いと思います」と述べました。「将来、e-Sportsがオリンピックの正式種目となれば、パズドラでメダルを獲得し、金メダルを噛みながら帰国するプレイヤーが現れるかもしれませんね」と期待の声も聞かれました。

「闘会議2018」で行われる「パズドラチャレンジカップ」は、予選として『パズドラレーダー』ランキングの上位者が招待されます。「闘会議2018」では、1位~3位入賞でプロライセンスを認定。2018年5月27日には、「パズドラチャレンジカップ2018」と「オープンカップ」の決勝大会が幕張メッセで行われます。予選大会は4月8日から日本全国各地で実施を予定しており、詳細は後日発表されるとのことです。



続いて、小学館のコロコロコミック編集長・まこ殿氏が登壇。2月15日発売の「月刊コロコロコミック 3月号」から、井上桃太先生による『パズル&ドラゴンズ』の新シリーズの漫画連載が決定しました。プロゲーマーをテーマに、e-Sportsを通して成長する主人公の物語が描かれる本作。「月刊コロコロコミック 2月号」には本シリーズの予告漫画を掲載しており、「ゲームの魅力とプロの世界を涙あり、笑いありのストーリーを通じて見せたい」との思いを述べました。


2018年4月からは、『パズル&ドラゴンズ』の新アニメシリーズ「パズドラ」がテレビ東京系にて放送スタートします。ここで、テレビ東京アニメ局長・川崎由紀夫氏と、ぴえろ代表取締役社長・本間道幸氏が登壇。e-Sportsをテーマにしたアニメについては川崎氏もとても興味を持っており、アニメ製作は二つ返事で快諾したとのこと。本間氏は「よい作品になるよう気合いが入っています。アニメならではの、バトルシーンをどのように描くかに注目していただきたいです」と述べました。森下氏は「アニメとリアルが連動するようなイベントの開催もしたい」とコメントしました。


ここで、アニメのキャストが発表されました。下町に住むやんちゃな主人公である明石タイガ役は泊 明日菜さん、タイガとボケツッコミの掛け合いをする相棒のトラゴン役は柿原徹也さんです。さらに、監督の亀垣 一さんも登壇し、トークセッションが行われました。泊さんは役が決まったときについて「本当にビックリして喜びました。真っ直ぐなタイガくんと一緒にボケをがんばりながら、物語を作っていきたいですね」、柿原さんは「『パズドラクロス』ではクールなランスを演じていたのですが、引き続いてオーディションを受けて役をいただけたことに感謝しています」とコメントしました。


亀垣氏は「ドキュメンタリーアニメとして、大好きなスポ根ができることに楽しみにしています」と述べました。最後に泊さんは「2人と一緒に熱い作品にしていこうと思います」、柿原さんは「熱血で最高の相方ができ、タイガの熱量を支えながら共に戦ってくれる仲間たちに負けず、切磋琢磨して上を目指していきたいです」と伝えました。


続いて、タカラトミー ボーイズ事業部 ボーイズ第2企画部・高原文彦氏が登壇し、新たなパズドラ玩具である「モンスターメモリー」が発表されました。『パズドラレーダー』とは全てのメモリーが連動、『パズル&ドラゴンズ』とは一部のメモリーが連動、アニメ・漫画ではモンスターメモリーがキーアイテムとなって登場します。モンスターメモリーは表面にキャラクターのデザイン、裏面にはQRコードが掲載。Lはリーダー、Mはモンスターのマークが描かれており、リーダーのメモリーではソウルアーマー、モンスターのメモリーではモンスターが獲得でき、モンスターメモリーで強力なチームを編成可能とのことです。メモリーを収納するケースや、トラゴンの尻尾をモチーフにしたタッチペンも商品展開が予定されています。


最後に、1月の22日からは『モンスターハンター』シリーズとのコラボレーションが行われます。『パズル&ドラゴンズ』ではベリオロス・金雷公ジンオウガ・パオウルムー・ネルギガンテが登場、『パズドラレーダー』にはリオレウス・ナルガクルガ・鏖魔ディアブロスが登場。また、『パズドラレーダー』では、初のコラボソウルアーマーが登場します。


以上、『パズドラプロジェクト2018』メディア発表会の模様をお伝えしました。


(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
(C) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)井上桃太/小学館
(C)ガンホー・オンラインエンターテイメント/パズドラプロジェクト・テレビ東京
(C) TOMY

《カミヤマ@インサイド》

特集

この記事の写真

/

関連ニュース