Aiming、2017年通期決算は約30億の最終赤字…好調『CARAVAN STORIES』は家庭用も準備中 | GameBusiness.jp

Aiming、2017年通期決算は約30億の最終赤字…好調『CARAVAN STORIES』は家庭用も準備中

企業動向 業績

Aiming、2017年通期決算は約30億の最終赤字…好調『CARAVAN STORIES』は家庭用も準備中
Aiming、2017年通期決算は約30億の最終赤字…好調『CARAVAN STORIES』は家庭用も準備中 全 1 枚 拡大写真
Aimingが13日に発表した2017年12月期の連結業績は、売上高68億2900万円(前年同期比29.5%減)、営業赤字29億4900万円、経常赤字29億4700万円、最終赤字29億7200万円となりました。

同社のメインタイトルである、リリース4周年を迎えた『剣と魔法のログレス いにしえの女神』は有名IPとのコラボやTVCMなどでアクティブユーザーを維持したものの、既存タイトル全体では売上が大きく減少。なんとか業績予想は上回ったものの、新規タイトルでは減少分をカバーできず、来期以降の開発コストも重なり、大幅な赤字となりました。

一方で、当期は新規タイトルを計5タイトルをリリースし、特に『CARAVAN STORIES』はミッドコア層を中心に新規ユーザーの獲得に成功し、月商は2億円程度で開始から堅調な推移を見せています。ユーザーの継続率も『ログレス』の全盛期と同レベルとのこと。同作では中国・台湾への配信、PC版や家庭用ゲームでの展開も準備していることも明らかになりました。

なお、新作については、オリジナル作品を4本、IP作品を2本で計6タイトルを2018年内にリリース予定としています。オリジナル作品は大手会社との協業作品となるMMORPGとなっており、自社のオリジナルMMORPGもリリース予定とのこと。『ログレス』に続くヒット作品となるか、注目が集まります。

《宮崎紘輔》

特集

この記事の写真

/

関連ニュース