Jリーグがe-Sports大会の初開催を発表―3月30日に『FIFA 18』が種目の「明治安田生命 eJ.LEAGUE」を予定 | GameBusiness.jp

Jリーグがe-Sports大会の初開催を発表―3月30日に『FIFA 18』が種目の「明治安田生命 eJ.LEAGUE」を予定

文化 eSports

Jリーグがe-Sports大会の初開催を発表―3月30日に『FIFA 18』が種目の「明治安田生命 eJ.LEAGUE」を予定
Jリーグがe-Sports大会の初開催を発表―3月30日に『FIFA 18』が種目の「明治安田生命 eJ.LEAGUE」を予定 全 7 枚 拡大写真

Jリーグは、2018年3月30日よりe-Sports大会「明治安田生命 eJ.LEAGUE」の開催を発表しました。Jリーグがe-Sportsの大会を開催するのは初の試みとなります。

今年で開幕25周年目となるJリーグ。今回e-Sportsの分野への進出に踏み切ったのは、“より多くの方々にスポーツの魅力を提供していくため”としています。3月9日に実施された公式記者会見で、日本プロサッカーリーグのチェアマンを務める村井満氏は「いわゆるゲームでの年齢・性別・国籍によらず、リアルでスポーツができないような方でも楽しめるe-Sportsを一つの柱としてチャレンジしていく」と述べました。


なお、大会で扱われるタイトルはエレクトロニック・アーツ社『EA SPORTS FIFA 18』となり、試合はFUTモードによって実施するとのこと。予選ラウンドと決勝ラウンドで優勝が争われ、優勝者には国際サッカー連盟(FIFA)が主催する公式e-Sports大会「FIFA eWorld Cup 2018」の世界予選である「EA SPORTS FIFA 18 Grobal Series Playoffs」への参加権が与えられることとなります。


明治安田生命 eJ.LEAGUE 大会概要

■大会名称:明治安田生命 eJ.LEAGUE(略称:明治安田eリーグ)

■主催:公益社団法人 日本プロサッカーリーグ

■主管:公益社団法人 日本プロサッカーリーグ

■特別協賛:明治安田生命保険相互会社

■開催日:
《予選ラウンド》応募者をグループに分け、以下の日程にてオンライン上で開催。
(1)3月30日(金) (2)3月31日(土) (3)4月1日(日)
(4)4月6日(金) (5)4月7日(土) (6)4月8日(日)

《決勝ラウンド》
5月4日(金・祝)
※決勝前日に組み合わせ決定ドローを実施します。

■開催場所:《予選ラウンド》 オンライン上で開催
《決勝ラウンド》 日本サッカーミュージアム「ヴァーチャルスタジアム」

■ゲームタイトル:「EA SPORTS FIFA 18」
(2017年9月にEAが発売したサッカービデオゲーム。
 オンライン時には最大22人でプレーが可能。2017シーズンのJ1クラブ全18クラブの選手が実名収録されている。)

■ゲーム機:PlayStation4

■大会方式:
《予選ラウンド》 応募者をグループに分け、各グループでトーナメントを行い、予選ラウンド通過者が決勝ラウンドの出場権を得る。

《決勝ラウンド》予選通過者と、J1クラブ推薦選手*によるトーナメント戦を行う。

*「J1クラブ推薦選手」
使用ゲーム「EA SPORTS FIFA 18」に収録されているJ1クラブ18クラブのうち、15クラブ※いずれかのクラブを代表して出場する選手。
※対象となるクラブは、2018シーズンにJ1に所属しているクラブとなる。
 したがって、大宮アルティージャ、ヴァンフォーレ甲府、アルビレックス新潟は対象外となる。

※引用:3月9日の記者会見資料より



記者会見にはプロe-Sportsプレイヤーのマイキーさんも登壇。「この大会を機に、ゆくゆくは日本のプレイヤーが『EA SPORTS FIFA 18』でトップを取る未来が来るんじゃないかと、期待を込めて思っています」と語りました。

今週に入り、ジャンルを問わず様々な国内の団体がe-Sportsへの参画を発表しています。これを機に国内のe-Sportsシーンが発展していけるのか、大きな目でゲーム業界の盛況に繋がるのかという点も含めて、期待して見ておきたいところです。

《矢尾新之介@インサイド》

特集

この記事の写真

/

関連ニュース