VRHMDをUSBタイプC1本だけで接続できる新規格「VirtualLink」発表ーOculusやValve、Microsoftらが参画 | GameBusiness.jp

VRHMDをUSBタイプC1本だけで接続できる新規格「VirtualLink」発表ーOculusやValve、Microsoftらが参画

NVIDIA、Oculus、Valve、AMD、およびMicrosoftが参画する業界コンソーシアムは、VRヘッドマウントディスプレイとPCを接続する新たな新規格「VirtualLink」を発表しました。

ゲーム開発 VR

VRHMDをUSBタイプC1本だけで接続できる新規格「VirtualLink」発表ーOculusやValve、Microsoftらが参画
VRHMDをUSBタイプC1本だけで接続できる新規格「VirtualLink」発表ーOculusやValve、Microsoftらが参画 全 2 枚 拡大写真

NVIDIA、Oculus、Valve、AMD、およびMicrosoftが参画する業界コンソーシアムは、VRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)とPCを接続する新たな新規格「VirtualLink」を発表しました。

「VirtualLink」は、VRHMDイとPCをUSBタイプCコネクタ1本のみで接続することが可能な新たな業界標準規格。これを利用することで、今まで複数本のケーブルでデータや電力のやり取りをしていたVRHMDの接続を、単一のコードで完結させることができ、今までより簡易なセットアップが実現します。

また、「VirtualLink」を利用すれば、これまでポート数の問題でVRHMDを扱えなかったノートPCや小型PCでもVR環境を構築可能。加えて、「VirtualLink」は高解像度ディスプレイ向けの4レーンHBR3 DisplayPort、ヘッドセットカメラとセンサー用のUSB3.1 Gen2 SuperSpeed、最大27ワットの電力供給に対応しており、次世代のVRデバイスもサポートする予定であるとのこと。

ハイエンドVRデバイスを手掛ける大手企業が軒並み参加しているだけあって、普及への期待度は高まるばかり。今後は企業向けの「VirtualLink 1.0」規格を発表する予定であるとのことなので、以降の続報に期待しましょう。

《吉河卓人@Game*Spark》

特集

この記事の写真

/

関連ニュース