『PUBG』が同時接続プレイヤー数100万人以上を1年間維持した初のSteamタイトルに | GameBusiness.jp

『PUBG』が同時接続プレイヤー数100万人以上を1年間維持した初のSteamタイトルに

登場直後から大ヒットしてバトルロイヤルブームを生み出した『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』ですが、SteamDBの統計情報によって本作が“同時接続プレイヤー数100万人以上を1年間維持した初のSteamタイトル”になったことが明らかとなりました。

市場 市場動向

『PUBG』が同時接続プレイヤー数100万人以上を1年間維持した初のSteamタイトルに
『PUBG』が同時接続プレイヤー数100万人以上を1年間維持した初のSteamタイトルに 全 2 枚 拡大写真

登場直後から大ヒットしてバトルロイヤルブームを生み出した『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDSPUBG)』ですが、Steamの非公式データベースサイトSteamDBの統計情報によって、本作が“同時接続プレイヤー数100万人以上を1年間維持した初のSteamタイトル”になったことが明らかとなりました。


最近は『フォートナイト』の台頭などによりプレイヤー数が大幅に減少したとの報告もありましたが、それでもまだまだSteamの人気タイトル上位であることに変わりはありません。今後も様々なアップデートやイベントでプレイヤーの興味を保ち、さらなるプレイヤーの獲得に尽力する必要があるでしょう。

《RIKUSYO@Game*Spark》

特集

この記事の写真

/

関連ニュース