アーケードゲーム用ICカードの仕様を統一…2018年夏から提供予定 | GameBusiness.jp

アーケードゲーム用ICカードの仕様を統一…2018年夏から提供予定

バンダイナムコエンターテインメント、コナミアミューズメント、セガ・インタラクティブの三社は、アーケードゲーム用ICカードの仕様統一に向け合意したことを発表しました。統一規格のカードは2018年夏から提供予定です。

企業動向 発表

アーケードゲーム用ICカードの仕様を統一…2018年夏から提供予定
アーケードゲーム用ICカードの仕様を統一…2018年夏から提供予定 全 3 枚 拡大写真

バンダイナムコエンターテインメント、コナミアミューズメント、セガ・インタラクティブの三社は、アーケードゲーム用ICカードの仕様統一に向け合意したことを発表しました。統一規格のカードは2018年夏から提供予定です。

ネットワーク接続型のアーケードゲームで、ユーザー認証のために使用されるICカードですが、現在三社はそれぞれ独自の規格で展開中。バンダイナムコエンターテインメントは「バナパスポート」、コナミアミューズメントは「e-AMUSEMENT PASS」、セガ・インタラクティブでは「Aime(アイミー)」という名称のサービスを提供しています。


今回の仕様統一に伴い、ユーザーは統一規格のICカードを利用することで、対応機種であればカードを使い分けることなく、各社のIDサービスを利用することが可能になります。

《宮崎紘輔》

特集

この記事の写真

/