中国テンセントが世界向けゲーム配信プラットフォームに参入 | GameBusiness.jp

中国テンセントが世界向けゲーム配信プラットフォームに参入

市場 デジタル流通

中国テンセントが世界向けゲーム配信プラットフォームに参入
中国テンセントが世界向けゲーム配信プラットフォームに参入 全 1 枚 拡大写真


ライアットゲームズやEpic Games、スーパーセルなどの親会社として知られる中国大手IT企業テンセントが、新たに世界向けゲーム配信プラットフォーム「WeGame」を開始する模様です。


この情報はNiko PartnersのアナリストDaniel Ahmad氏がTwitterにて公開したもので、既に中国では2億人のユーザーを誇る、同社の人気ゲーム配信プラットフォーム「Tencent Games Platform」を置き換えるものとなるとのこと。なお、テンセントの運営するサービスには「WeChat」というメッセンジャーが存在しており、「WeGame」の名称は同サービスとの関連性も感じさせる物になっています。


今回の同プラットフォームの名称変更と世界向けサービスの開始は、世界最大級のゲーム関連企業であり、著名ゲーム会社の親会社かつActivision Blizzard等の大株主としても知られるテンセントの力も相まって、大きくSteamを脅かす、非常に強力なライバルの登場となるのかも知れません。

《Arkblade》

特集

この記事の写真

/

関連ニュース